出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「海漫々」から》大海。

「此の御神は―の鱗 (うろくづ) に縁をむすばせ給ふらん」〈平家・二〉