出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]全く存在しないこと。全然ないこと。また、そのさま。「欠席者は皆無である」
[副]
  1. 残らず。ことごとく。

    1. 「―損をしても宜しい」〈福沢福翁自伝

  1. (下に打消しの語を伴って)全く。さっぱり。

    1. 「余は書に於いては―鑑識のない男だが」〈漱石草枕

出典:青空文庫

出典:gooニュース