出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、その年の農作物の出来ぐあいによって租税の率を変えたこと。

「諸国―の世の中すぐれて」〈浮・永代蔵・一〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉