出典:デジタル大辞泉(小学館)

動物界の一門。多細胞動物の中では最も下等な体制で、多くは海産。不規則な塊状・壺状・樹枝状をし、岩・海藻などに固着して生活する。体表にある多数の小孔から水をとり、胃腔の襟細胞 (えりさいぼう) で餌を消化吸収し、上部の出水孔から吐き出す。運動神経感覚器官はない。側生動物。