出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「もちい」は「もちいひ(餅飯)」の音変化》もち米粉・小麦粉などをこねて煮たもの。一説に、そばがきのことともいう。

「僧たち、宵のつれづれに、いざ、―せんといひけるを」〈宇治拾遺・一〉