出典:デジタル大辞泉(小学館)

海岸地方に海陸の気温差によって生じる局地的な風。昼間は陸地の気温が高くなるので風は海から陸に吹き、夜間は陸から海に吹く。その交代期が、朝凪 (あさなぎ) と夕凪 (ゆうなぎ) である。