出典:デジタル大辞泉(小学館)

大嘗祭 (だいじょうさい) のときに天皇が湯あみをし、装束を改める殿舎。ここでまず沐浴 (もくよく) して祭衣に着替え、悠紀殿 (ゆきでん) に行幸して神事ののちにここに還り、さらに沐浴と更衣をして主基殿 (すきでん) へ行幸する。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉