出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治中期、足尾銅山の廃液が原因となって起きた公害事件。汚染した渡良瀬川流域の被害農民らの再三の請願や、田中正造の天皇への直訴で、政治・社会問題となったが、政府の弾圧と切り崩し策で運動は衰退した。日本公害運動の原点とされる。

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉