出典:デジタル大辞泉(小学館)

足利市昌平町にあった学問所。創設者には諸説がある。室町期に上杉憲実 (うえすぎのりざね) が再興。武士・僧侶・医師に儒書・易書・医書などを講述した。天文~慶長・元和(1532~1624)ごろが最盛期で「坂東の学校」と称され、明治初年まで存続した。現在、敷地内に足利学校遺跡図書館があり、宋版など貴重な典籍群を所蔵。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉