かえ‐の‐かた〔かへ‐〕【替の型】 の意味

  1. 能で、普通と違った型で演じること。また、その型。
  1. 能で1がそのまま小書 (こがき) の名となったもの。