出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ダ下二]

  1. もといた所にもどって姿を見せる。

    1. 「内侍のもとに―・でて」〈竹取

  1. もといた所へかえるために、ある所を出る。

    1. 「皆その急ぐべきものどもなど取り具しつつ―・で侍りにし」〈・蜻蛉〉