出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 振り返って見ること。

    1. 「万度 (よろづたび) ―しつつはろはろに別れし来れば」〈・四四〇八〉

  1. 過去を振り返ること。

    1. 「いと心澄めるやうにて、世に―すべくも思へらず」〈・帚木〉

  1. 気に掛けること。懸念すること。

    1. 「大宮にのみ久方の昼夜分かず仕ふとて―もせぬわが宿の」〈古今・雑体〉

  1. 後ろだてになって世話をすること。情けをかけること。うしろみ。

    1. 「身にあまるまで御―を賜はりて」〈・少女〉