出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 蛙がまたを広げたような形のもの。

  1. (蟇股)社寺建築で、梁 (はり) や桁 (けた) の上に置かれる、輪郭が山形をした部材。構造上必要な支柱であったが、のちには装飾化した。厚い板状のままの板蟇股と、内部をくりぬいて透かせた本蟇股とがある。

出典:青空文庫