かえる‐また〔かへる‐〕【×蛙股/×蟇股】 の意味

  1. 蛙がまたを広げたような形のもの。
  1. (蟇股)社寺建築で、梁 (はり) や桁 (けた) の上に置かれる、輪郭が山形をした部材。構造上必要な支柱であったが、のちには装飾化した。厚い板状のままの板蟇股と、内部をくりぬいて透かせた本蟇股とがある。
  • 名詞
  • かえる‐また〔かへる‐〕【×蛙股/×蟇股】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・就中椿岳が常住起居した四畳半の壁に嵌込んだ化粧窓は蛙股の古材を両断して合掌に組合わしたのを外框とした火燈型で、木目を洗出された時代の錆のある板扉の中央に取附けた鎌倉時代の鉄の鰕錠が頗る椿岳気分を漂わしていた。

      内田魯庵「淡島椿岳」