出典:デジタル大辞泉(小学館)

フランス南部、オクシタニー地方ロート県の県都。ロート川沿いに位置し、赤ワインの名産地として知られる。11世紀から14世紀にかけて建造されたサンテチエンヌ大聖堂、ゴシック様式の塔とアーチをもつ14世紀の要塞化された橋、バラントレ橋があり、ともにサンティアゴ‐デ‐コンポステラの巡礼路の一部として世界遺産(文化遺産)に登録されている。