出典:デジタル大辞泉(小学館)

家屋を課税物件として、その所有者に賦課されていた租税。昭和25年(1950)の税制改革によって市町村税固定資産税に吸収され、時価を課税標準とする一種の財産税に変わった。

[社会/法律]カテゴリの言葉