出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 大ぜいの前に初めて顔を見せること。人前に出ること。

  1. (顔見世)遊女や芸者などが、初めて勤めに出るとき、揚屋や料亭などにあいさつして回ること。

  1. (顔見世)歌舞伎年中行事の一。江戸時代、年一度の各座の俳優の交代のあと、新規の顔ぶれで行う最初の興行。11月(京坂では宝暦期から12月)に行われ、江戸・京都・大坂でそれぞれのしきたりがあった。現在、本来の意義は失われたが、東京では11月、京都では12月にこの名の興行が行われる。顔見世芝居。顔見世興行。顔ぶれ。 冬》「―や子々孫々も此の桟敷 (さじき) /太祇

出典:gooニュース

出典:青空文庫

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[冬/行事]の季語