出典:デジタル大辞泉(小学館)

《顔見世狂言の二番目は出演者の多い狂言を出したところから》家族の多いことのたとえ。

「おらが内は―といふ内だから、居候の絶えねえもいい」〈滑・浮世床・初〉