出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]

  1. 葦垣は古びて見え、乱れやすく、また、その結び目は間が近いところから、「古 (ふ) る」「乱る」「間近し」などにかかる。

    1. 「―古りにし里と」〈・九二八〉

    2. 「―ま近けれども逢ふよしのなき」〈古今・恋一〉
  1. 垣は内外の隔てとするところから「ほか」にかかる。

    1. 「―外 (ほか) に嘆かふ吾 (あれ) し悲しも」〈・三九七五〉

  1. 葦を「よし」ともいうところから「吉野」にかかる。

    1. 「―吉野の山の花のさかりは」〈続後撰・春中〉