あしかけ‐あがり【足掛(け)上(が)り】 の意味

  1. 鉄棒運動で、片方のひざの後ろ側を両手の間または外で鉄棒に掛け、もう片方の足を後ろへ強く振って上方にあがること。