出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 江戸時代、所有地のこと。特に、放置したまま所有する土地。

  1. 江戸時代、武士・町人などが農民から買い取って所持した土地。元禄4年(1691)以降、家作を禁じられ、野田のまま所有しなければならなかった。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉