出典:デジタル大辞泉(小学館)

強いストレスを受けたときに生体防御反応として起こる緊張状態が、ストレスが解除された後も持続する状態。睡眠障害(入眠・睡眠維持の困難)、わずかな刺激に対するいらいら、怒りの爆発、集中困難、過度の警戒心、過剰な驚愕反応などの状態が続く。心的外傷後ストレス障害(PTSD)の特徴の一つ。覚醒亢進。