かが‐とび【加賀×鳶】 の意味

  1. 江戸時代、加賀藩前田家が江戸藩邸で召し抱えておいた鳶職人で編成した火消し。装束が美麗で、大藩召し抱えの特権意識を持ち、一般の町火消しとの間で争いが多かった。
  1. 歌舞伎狂言「盲長屋梅加賀鳶 (めくらながやうめがかがとび) 」の通称。