出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ上一]《「鏡 (かがみ) 」の動詞化》「かんがみる」に同じ。
  • 「たとひ四部の書を―・みて、百療に長ずといふとも」〈平家・三〉