出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ変]《「かくあり」の音変化》このようである。かくのごとくである。→斯 (か) かる
  • 「―・らむ世には、朝に仕へ身をたて」〈平家・三〉