出典:デジタル大辞泉(小学館)

文語文で、文中に係助詞が用いられる場合、それに応じて文末の活用語の形態に変化の生じる現象。

[補説]狭義には、上に「風ぞ強き」「風なむ静かなる」「風や出づる」「風かやまざる」のように「」「なむ」「」「」を用いると連体形で結び、「風こそ出づれ」のように「こそ」を用いれば已然形で結ぶことをいうが、広義には、疑問詞に対する連体止めや、「」「」に対して終止形で文が結ばれることも含まれる。