出典:デジタル大辞泉(小学館)

《足軽くよく走る兵の意》中世・近世、ふだんは雑役を務め、戦時には歩兵となる者。戦国時代には弓・槍 (やり) ・鉄砲などの部隊の兵士として活躍。江戸時代には諸藩の歩卒 (ほそつ) をいい、士分と区別された。

出典:青空文庫