出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接]《「かくあれど」の音変化》こうではあるけれど。
  • 「船にも思ふことあれど、かひなし。―、この歌を独り言にしてやみぬ」〈土佐