かがん‐だんきゅう〔‐ダンキウ〕【河岸段丘】 の意味

  1. 河川に沿う階段状の地形。浸食作用により、もとの河床が現在の河床より高い台地になっているもので、土地の隆起や水量の変化などにより生じ、その回数に応じて何段かの段丘を形成する。河成段丘。