出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 柿の渋で染めた、赤茶色の衣服。江戸時代、酒屋の奉公人の仕着せに用いられた。かき。

  1. 柿の渋で染めた布の色。