出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. アヤメ科の多年草。湿地に群生。葉は剣状で幅広く、基部は鞘 (さや) になり茎を挟む。初夏、濃紫色の花を開く。外花被3枚は垂れ、中央に黄や白の斑紋がある。内花被3枚は小さく、直立する。園芸種には白花もある。古くは花汁で布を染め、書き付け花とよばれたという。かおよぐさ。 夏》「―べたりと鳶 (とび) のたれてける/蕪村

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は二藍 (ふたあい) 、裏は萌葱 (もえぎ) 。一説に、表は薄萌葱、裏は薄紅梅

  1. 紋所の名。カキツバタの葉と花を図案化したもの。

[枕]
  1. 花の美しさから、「にほふ」「丹 (に) つらふ」にかかる。

    1. 「―につらふ君を」〈・二五二一〉

  1. 花が咲くところから、「さき」にかかる。

    1. 「―佐紀沼 (さきぬ) の菅を」〈・二八一八〉