出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動](スル)人を手ひどく扱って、いじめ苦しめること。また、そのさま。
  • 「雇夫の待遇 (とりあつかい) 是の如く―ならざるべし」〈永峰秀樹訳・暴夜物語〉
「常に悔恨と焦躁と取越苦労とに―せられている」〈島木健作・続生活の探求〉