出典:デジタル大辞泉(小学館)

沖縄古典音楽の一。三線 (さんしん) を伴う歌曲で、祝儀の席や演奏会などで冒頭に歌われる。本歌に「かぎやで風のつくり云々…」の歌詞があるところからの名称。原義は「鍛冶屋手風」とも「冠者手風」ともいうが未詳。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉