出典:デジタル大辞泉(小学館)

狂言。山伏が柿を盗み食いしているのを持ち主に見つかり、さんざんなぶられたあげく、鳶 (とび) のまねをして木から飛び降り、腰をしたたかに打つ。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉