出典:デジタル大辞泉(小学館)

兵法の一。牛の角に刀の刃を上に向けて結び、尾に葦 (あし) を結びつけて点火し、その牛を敵軍に追いやる。古代中国の斉 (せい) 田単 (でんたん) が考えた兵法とされ、「火牛の計」といわれる。