出典:デジタル大辞泉(小学館)

身をもがき、じだんだを踏むこと。とりかえしのつかないことを悔やむときの動作。

「されば翁は―をして罵 (ののしり) わめく」〈芥川・奉教人の死〉

[補説]本来は、倒れた状態で足をすりあわせて泣き嘆くことをいった。