(あした)には紅顔(こうがん)ありて夕べには白骨(はっこつ)となる の意味

  1. 和漢朗詠集・下の「朝に紅顔あって世路に誇れども、暮 (ゆふべ) に白骨となって郊原に朽ちぬ」から》この世は無常で、人の生死は予測できないことをいう。