(あした)に道を聞かば夕べに死すとも可なり の意味

  1. 《「論語」里仁 (りじん) から》朝に人としての大切な道を聞いて悟ることができれば、その晩に死んでも心残りはないという意。