出典:デジタル大辞泉(小学館)

雨の日などに履く、高い歯の下駄 (げた) 。歯は差し歯で、磨り減ると差し替える。高下駄。男物は歯が厚く、女物は薄い。雨、雪の日は爪革 (つまかわ) を掛ける。

[補説]旧制の高校生が好んで履いた。「守貞漫稿」によると、近世の上方には「足駄」の語がなく「高下駄」を使ったという。

出典:青空文庫

[生活/ファッション]カテゴリの言葉