足駄(あしだ)を履(は)いて首(くび)っ丈(たけ) の意味

  1. 《「くびったけ」を強めた言い方。足駄をはいても首のあたりまで深みにはまる意から》異性にほれ込んで夢中になること。