がく‐さい【学才】 の意味

  1. 学問の才能。「学才豊かな人」
  • 名詞
  • がく‐さい【学才】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・それで Wimbledon Common にあった George Murray という人の私塾のような学校に入って、そこで代数や三角や静力学初歩を教わったが、その頃からもう彼の優れた学才が芽を出して師を感嘆させた。

      寺田寅彦「レーリー卿(Lord Rayleigh)」

    • ・・・あれも学才があって教師には至極だが、どうも放蕩をしてと云う事になるととうてい及第はできかねます。

      夏目漱石「文芸の哲学的基礎」