あしたか‐やま【愛鷹山】 の意味

  1. 静岡県、富士山の南東にある火山。標高1188メートル。また、広くは位牌 (いはい) 岳・呼子岳・越前岳(1504メートル)などからなる愛鷹連峰をさす。古くは「足高山」と書いた。
  • あしたか‐やま【愛鷹山】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ちょうどそのころに今川氏に内訌が起こり、外からの干渉をも受けそうになっていたのを、この浪人が政治的手腕によってたくみに解決し、その功によって愛鷹山南麓の高国寺城を預かることになった。

      和辻哲郎「埋もれた日本」