出典:デジタル大辞泉(小学館)

《葦の生える水辺にいるところから》鶴 (つる) の別名。

「湯の原に鳴く―は我 (あ) がごとく妹 (いも) に恋ふれや時わかず鳴く」〈・九六一〉