出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 漢詩の八病 (はちへい) の一。五言詩の第1句と第3句の句末に、同一の声調の字を用いること。

  1. 書道で、漢字の縦棒「亅」の下端が鋭くはねたもの。

[文学/外国の文学]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉