出典:デジタル大辞泉(小学館)

朝、草葉に置いた露。はかない人生のたとえに用いる。

「―に異ならぬ世を」〈・夕顔〉