出典:デジタル大辞泉(小学館)

私娼 (ししょう) の住む一郭。寺の門前などに多くあった。私娼窟 (ししょうくつ) 。

「墓桶を下げて見とれる―」〈柳多留・初〉