がく‐しゃ【学者】 の意味

  1. 学問の研究を仕事としている人。
  1. 学問のある人。豊富な知識のある人。
  • 名詞
  • がく‐しゃ【学者】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「へええ、Hはそんなに学者かね。

      芥川竜之介「海のほとり」

    • ・・・こから生ずる現象――その現象はいつでも人間生活の統一を最も純粋な形に持ち来たすものであるが――として最近に日本において、最も注意せらるべきものは、社会問題の、問題としてまた解決としての運動が、いわゆる学者もしくは思想家の手を離れて、労働者そ・・・

      有島武郎「宣言一つ」

    • ・・・というに、由来が執拗なる迷信に執えられた僕であれば、もとよりあるいは玄妙なる哲学的見地に立って、そこに立命の基礎を作り、またあるいは深奥なる宗教的見地に居って、そこに安心の臍を定めるという世にいわゆる学者、宗教家達とは自らその信仰状態を異に・・・

      泉鏡花「おばけずきのいわれ少々と処女作」