あし‐だま【足玉】 の意味

  1. 上代に、足首に巻きつけた装飾用の玉。
    • 「―も手玉 (ただま) もゆらに織る服 (はた) を」〈・二〇六五〉
  • 名詞