出典:デジタル大辞泉(小学館)

古浄瑠璃の一派。寛文(1661~1673)のころ、京都で山本角太夫(のちに土佐掾 (とさのじょう) )が創始。この派から文弥節 (ぶんやぶし) が生まれた。土佐節。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉