出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 装飾文様の一種で、文字を絵画的に変形し、葦・水鳥・岩などになぞらえて書いたもの。平安時代に始まり、中世を通じて行われた。葦手書き。

  1. 葦手絵」の略。