出典:デジタル大辞泉(小学館)

宮中の読書始めなどに用いる、字をさし示す棒。象牙などで筆の形に作った。また、訓点の記入にも用いられた。字さし。かくひち。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉